京都市山科区でリフォーム、雨漏り、水回り、新築は栢下工務店!
~住みよい住まいづくり~永く快適が続く住まいを提供します
2020-08-21

窓の断熱方法

前回から、夏の暑さ対策に窓の断熱リフォームがオススメな理由をお伝えしてきましたが、
実際にどのような対策が効果的なのか、ご紹介していきます。

 

 

予算を抑えるならガラスの断熱
窓を交換したり、内窓を取り付けるには、大きな工事が必要になります。
もしも、今のガラスが一枚のガラス窓であれば、ベアガラスに交換するのがおすすめです。
ペアガラスに変えるだけで断熱性能は飛躍的に上がります。

 

断熱だけでなく冬の結露も防ぎたい時は、窓の断熱がオススメ
ガラスを交換すると断熱性能は上がりますが、十分とは言えません。
なぜなら、ガラスを交換しただけでは、窓枠の結露を抑えることはできないのです。
結露をそのままにしておくとカビが生え、健康を損ないかねませんので注意が必要です。

コスト的にはガラス交換よりも高くなりますが、窓の交換もしくは内窓の追加をお勧めします。
窓の断熱を行えば、結露を抑えることができるだけでなく、
防音性能も向上しますので、快適性も向上しますよ。

 

窓を遮熱する

もしも夏の晴れた日にカーテンを開けたままにしておくと、
日光が直接入ってくるので、南面のテラス窓から侵入する熱量は、エアコン1台分に相当します。
つまり、いくら冷房をかけたとしても部屋はなかなか冷え無くなります。

省エネの視点から「冷房温度は28度に設定」とされていますが、
もしも日射を十分に遮らない状態で28度に設定した場合、熱中症になる恐れがあるので注意が必要です。

 

 

 

 

夏は日射遮蔽が効果的
そこで、窓から入ってくる太陽の熱を日射遮蔽という形で遮る必要があります。

日射遮蔽には効果の高い順に3通りの方法があります

1. 外付けブラインド又はオーニングで日よけ
2. Low-eガラスを採用
3. カーテンやブラインド

 

オススメしたいのが、1.の外付けブラインドやオーニングです。
デザイン的にもオシャレですし、何より日射遮蔽効果が80%まで高められるので、効果抜群です。

京都市山科区でリフォーム、雨漏り、水回り、新築は栢下工務店にお任せ下さい。

会社名:栢下工務店

住所:京都府京都市山科区大塚元屋敷町13-13

TEL:075-592-6218 / 090-3729-8799(代表直通) 
FAX:075-592-6430

営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜・GW・夏季休暇・年末年始

対応エリア:全京都建築労働組合 作業主任者技能講習

業務内容:新築・増改築・屋根工事・外壁塗装・内装リフォーム
・水回りリフォーム・介護リフォーム・バリアフリー・外構工事・エクステリア

お問い合わせはこちら