京都市山科区でリフォーム、雨漏り、水回り、新築は栢下工務店!
~住みよい住まいづくり~永く快適が続く住まいを提供します
2021-02-19

壁紙(クロス)を張り替えるメリットとデメリット

 

リフォームに際して、壁紙(クロス)にするか、いっそのこと塗装にするかで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

壁紙を張り替える際は、メリットとデメリットを把握することが重要です。

メリットだけではなくデメリットも把握しておかなければ、

予想外の事態が起こった際に壁紙を剥がさなくてはいけなくなるリスクが高まります。

ここでは簡単に壁紙(クロス)仕上げにするメリットとデメリットをご紹介します。

 

壁紙(クロス)に仕上げるメリット

メリットは主に2つです。

・室内のデザインを変えられる

・安価で施工できる

一番のメリットは塗装と比較してコストを抑えられる点でしょう。

壁紙の張り替えは塗料や塗り材と比べて特に安価です。

また、壁紙を張り替えることで室内のデザインが変えられるため、気分転換になるほか、

汚れた壁材を交換したり隠したりできます。

壁紙の絵柄には何種類もあり、そこから選べるという楽しさもあります。

普段のお手入れも塗装より手軽なことが多いのも特徴です。

壁材を安く交換したい場合には適した工法でしょう。

 

壁紙(クロス)に仕上げるデメリット

壁材を壁紙にする場合のデメリットは以下の2つです。

・耐水性が低い

・劣化しやすい

壁紙は他の壁材と比べて耐水性が低いです。

クロスの多くはビニール製です。

そのため、本来建物自体が吸水する部屋内の湿気を閉じ込めてしまうことになります。

壁紙が濡れた場合、長時間乾かないため下地のボードが腐食するおそれがあります。

また、カビも生えやすくなるでしょう。

壁紙は劣化しやすいというデメリットもあります。

耐水性が低いため湿気に弱いこともありますが、糊で付着しているだけなので、

年月が経過すると徐々に剥がれてきます。

また、絵柄に種類が豊富にあるのはメリットですが、

実際部屋に貼ってみるとイメージと異なってしまう場合もあるので、

大きめのクロス見本を取り寄せてみるなど、念入りに確認してから決断するのがおすすめです。

 

京都市山科区でリフォーム、雨漏り、水回り、新築は栢下工務店にお任せ下さい。

会社名:栢下工務店

住所:京都府京都市山科区大塚元屋敷町13-13

TEL:075-592-6218 / 090-3729-8799(代表直通) 
FAX:075-592-6430

営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜・GW・夏季休暇・年末年始

対応エリア:全京都建築労働組合 作業主任者技能講習

業務内容:新築・増改築・屋根工事・外壁塗装・内装リフォーム
・水回りリフォーム・介護リフォーム・バリアフリー・外構工事・エクステリア

お問い合わせはこちら