京都市山科区でリフォーム、雨漏り、水回り、新築は栢下工務店!
~住みよい住まいづくり~永く快適が続く住まいを提供します
2018-04-27

ゴールデンウィークに浴室をピカピカに!

浴槽・壁・床

最後に入浴した人が浴槽のお湯をぬきながら、まだ浴室が濡れている間に掃除するのが効果的です。

汚れが柔らかいので必要以上に洗剤を使わなくてもスポンジで軽くこするだけで汚れを落とす事が可能になります。

モザイクパターンの床の場合は先割れ加工の浴室用ブラシでこすり落とすようにしましょう。

浴室掃除

 

カウンター・鏡・水栓金具

シャンプーや石けんなどを置いているカウンターは、液だれや石けんが溶けた水が溜まってしまう事が多いので熱めのシャワーで洗い流しましょう。

汚れがこびり付いているようであればスポンジでこすり落とすようにしてください。

鏡・水栓金具も同様に洗い流します。

 

全体

浴室すべてのこすり洗いが終わったらシャワーで冷水をかけます。この作業がカビ予防にとても効果的です。浴室内の温度を下げることによって結露防止になり、温度が下がれば湿度も下がりやすくなるので冷水をかけることをおすすめします。

仕上げに浴室内に残った水分を拭き取ります。これがとっても面倒くさいと思ってしまうのですが、これも大切なカビ予防のひとつです。

また通気口や換気栓回りは意外とホコリが溜まりやすくなっています。これが水分と合わさると頑固な汚れになってしまうのでその前に拭きとる事をおすすめします。

鏡・水栓金具は水分を拭きとりながら十分に磨くようにしてください。

お風呂場が綺麗に保たれているかどうかの印象はこれらの輝きが大きく左右します。毎日、こつこつと磨くことによって水垢も厚く付かないので、すぐにピカピカと輝くようになります。

最後に窓を開けるまたは換気扇を回すようにしましょう。こちらもカビ予防に大切な作業になります。

もしお使いのお風呂場に窓がない場合、換気扇の電気代は比較的安いので入浴後2時間以上回すことをおすすめします。

ユニットバス

 

お風呂の天敵!カビが嫌う3

その1:栄養分を断つ

カビの栄養分となる湯垢や石鹸カスはその日のうちに洗い流すようにしましょう。

その2:温度を下げる

入浴後は冷水をかけ温度を下げるようにしましょう。

その3:換気をする

入浴後は換気を徹底するようにしましょう。窓を開ける、または換気扇を2時間以上回してください。

 

勘違いしてるかも!?お掃除の注意ポイント!

・洗剤を付けたまま長時間置かないようにしましょう。

・クリームクレンザーは傷が付くので使用しないでください。

・スポンジの固いものやタワシは使用しないでください。

日頃の疲れたカラダを癒す大切な時間、お風呂場は心も体も裸になって過ごす場所なだけに、毎日きれいなお風呂に浸かりたいものですね。

日々の小さな習慣で定期的なお風呂掃除もうんと負担が軽くなります。浴槽のお湯を抜いている間にもうお掃除終了です。

ゴールデンウィークの際だけではなく、毎日の小さな習慣にしてみてください。

 

お問い合わせはこちら