京都市山科区でリフォーム、雨漏り、水回り、新築は栢下工務店!
~住みよい住まいづくり~永く快適が続く住まいを提供します
2019-08-16

注文住宅でリビングを広く見せる方法!③

▶︎家具の選び方

建売住宅を販売するときに、家具を置いていない状態のLDKに、

ソファやダイニングテーブルの展示をした途端、LDKが狭く感じることがあります。

それだけLDKに配置する家具の存在感って大きいんです。

ゆえに背の高い家具を置いてしまうと、圧迫感があって空間が狭く見えてしまう恐れがあります。

ローソファーなど低い家具で統一することによって目線を下げ空間を広く見せることができます。

また壁や天井やラグの色と、ソファなどの家具を同系色でまとめることで視覚的にも広く感じさせる効果が望めます。


▶︎まとめ

リビングを物理的に広くできなくても、様々な工夫によって広く見せることは可能です。

注意点として、紹介したそれぞれの方法は、住宅会社によって対応できる内容とできない内容があります。

例えば、木造住宅では構造上、壁一面の大開口をとることができなかったり、天井を高くすることができなかったりなど。

またほとんどがオプション等の追加費用が発生する内容です。

 

あなたがしたいと思ったことが検討している住宅会社で実現ができるのか?

また、予算的にも実現可能なのか?

この2点は特に住宅会社の担当者に確認しましょう。

お問い合わせはこちら