京都市山科区でリフォーム、雨漏り、水回り、新築は栢下工務店!
~住みよい住まいづくり~永く快適が続く住まいを提供します
2019-04-19

工務店で家を建てることのメリットとデメリット

工務店とは、主に住宅の工事を行う会社のことです。

会社によって注文住宅、建売住宅、リフォームといった住宅の工事から

店舗などの住宅以外についても行うこともあり、工務店といっても様々です。

基本的には、一戸建ての注文住宅を中心としている工務店が多いです。


よく比較されるハウスメーカーとの最も大きな違いは、

ハウスメーカーには家の作り方に規格や基準があり、基本的には規格にないものはできないことです。

一方工務店は、自由に建材や設備を取り入れることが可能です。

これが工務店の方が注文住宅の自由度が高いといわれる理由であり、工務店のメリットの一つです。


もう一つのメリットとして、住宅建築にかかる経費が少なくできることです。

勘違いしやすいところですが、

必ずしも工務店で住宅を建てる方がハウスメーカーより安い、というわけではありません。

注文住宅を中心にしている工務店の平均的な費用は、ハウスメーカーとそれほど変わりません。

ハウスメーカーでは多くの住宅を建てるために営業や広告経費多くかけ、

その分を建材や設備を一括して大量に生産・仕入れすることで下げています。

一方工務店は、営業や広告経費が少ない代わりに、

住宅に合わせたオーダーメイドに近い建材や設備となってしまいます。

差引としては同じくらいの費用がかかりますが、工務店の方が建材や設備が自由になり、

安いものを選ぶこともできますので、全体としては安くなることが多いのです。


工務店のデメリットとしては、自分に最も合う工務店を選ぶことの難しさ、ではないかと思います。

ハウスメーカーと違い、どの工務店がどのような住宅を建てるのかがわかりにくいですし、

すべての工務店が高い品質の住宅を建てられるとも限らないからです

お問い合わせはこちら