京都市山科区でリフォーム、雨漏り、水回り、新築は栢下工務店!
~住みよい住まいづくり~永く快適が続く住まいを提供します
2018-05-25

リフォームする前に知っておこう!使い勝手のいい洗面所にするために!

メイクや歯磨きをしたり、顔を洗ったりと、毎日使う洗面所だからこそ快適な空間にしたいものですよね。

そこで、今回は、洗面所をリフォームする際に気を付けたいポイントをご紹介いたします。

洗面所リフォーム

洗面台の高さを検討する

洗面台の高さは想像以上に重要となります。高すぎても低すぎても、顔や髪の毛を洗いづらくなってしまいます。

ちょうど良い高さは人それぞれ異なりますが、基本的には75~85cmの間で決めます。

身長によっても、ある程度の基準があります。

身長155cmで75cm、身長165cmで80cm程度の高さが標準とされていたり、身長を2で割った数字が適当だと言われることもあります。

しかし、明確な定義はありません。

これらの数字は参考までに、実際にショールームなどで自分が使ってみて快適な洗面台を選ぶようにしてください。

 

コンセントの数と位置

洗面所のリフォームの際に忘れてはいけないポイントが、コンセントの数と位置です。

リフォームをする際にはつい忘れがちですが、実際に洗面所を使うようになると、コンセントのない生活の不便さが分かると思います。

洗面所には、洗濯機や乾燥機などが置いてある場合が多いですよね。

コンセントの数と位置を考えておかないと、あとで「足りない」という事態になりかねません。

また、ドライヤーやひげ剃り用にも必要になります。

事前にコンセントの数と位置を考え、リフォーム後に後悔しないようにしましょう。

 

耐水性のある床

洗面所では水を使用することが多いですよね。

脱衣所と洗面所が一体となっている家も多いので、お風呂上がりには床が水で濡れてしまいますし、洗面台で顔を洗ったり歯を磨いたりする際にも、意外と水は床にこぼれています。

だからこそ、水に強い床材を選ぶ必要があります!

耐水性のあるクッションフロアやフロアタイルがおすすめです。

 

自然光に近い照明

メイクをすることを考えて、洗面所の照明を選ぶようにしましょう。

洗面台の鏡を見た時に、顔に影ができるような照明だと、メイクには適していません。

快適なメイクルームにするためには、自然光がベストです!

窓から自然光を取り入れることができれば一番ですが、それができない場合には、LED照明がおすすめです。

自然光に近い色になるので、顔に不自然な影ができることなく、快適にメイクをすることが可能になります。

 

 

リフォームをする際には上記のことに気を付け、自分だけの快適な洗面所を作り上げましょう。

どのポイントを重視するかによってもリフォームの価格や方法は変わるので、事前にきちんと計画を立ててくださいね。

お問い合わせはこちら