京都市山科区でリフォーム、雨漏り、水回り、新築は栢下工務店!
~住みよい住まいづくり~永く快適が続く住まいを提供します
2018-07-13

バリアフリーリフォームとは

床の段差を解消したり、廊下に手すりを設けるなど、健康な大人はもちろんのこと、幼い子供から高齢者までが、安心・安全で快適に暮らせる「バリアフリー」の住まいが非常に増えています。

そこで、今回はバリアフリーリフォームについてご紹介いたします。

 

本格的な高齢化社会を迎えた現代では、高齢者への配慮が非常に重要になっています。これは住まいでも同じことが言えます。

若い人は、なかなか気付きにくいものですが、階段やトイレ、浴室への導線など、高齢者にとっては意外と苦労することが日常の中にはたくさんあります。また、室内で車椅子を使用する場合は、ちょっとした段差も不自由さを感じるものです。そのような不自由さや不便さを解消するのが高齢者対応(バリアフリー)リフォームです。

バリアフリーリフォームの代表例としては、段差の解消や、階段やトイレ、浴室などへの手すりの設置、車椅子の利用に対応した出入り口や通路の拡幅などがあり、高齢化が進む近年、多くの住宅で取り入れられています。

 

バリアフリー

 

リフォームのタイミング

誰しも人は年をとっていくものです。今は体力に問題がなくても、いつかは身体機能の衰えを考慮しなければなりません。高齢になってからのリフォームは、新しい環境に順応するのに時間がかかったり、経済的にも負担が大きくなってしまいます。現在の住まいの安全性や快適性を見直すとともに、将来、障害となりそうな所をチェックして、できるだけ早い時期にバリアフリーリフォームを行っておくことをおすすめします。

なお、安全性や快適性もにチェックしておきましょう。

 

安全性・快適性チェック

・出入り口や廊下などに段差がある

・階段が狭い、または傾斜が急である

・廊下の幅が、車椅子では通れない程狭い

・浴槽内が滑りやすく、室内外の温度差が大きい

・トイレがどの居室からも離れている

・設備が使いづらい

・ドアの開閉がしづらい

 

場所別リフォームのポイント

段差

住宅内での転倒事故を防ぐためには、床の段差を解消することが大切となります。特に、ドアの下にある沓ずり(くつずり)や、床の高さが違う和室と洋室、廊下との境目などの小さな段差は、うっかりつまずいて転倒してしまう可能性が高いので、注意が必要です。

手すりの設置

手すりには体重がかかるので、壁にしっかりと固定することが大切となります。できれば手すりを付ける必要がある階段や廊下、トイレ、浴室などは、壁を補強しておくと良いでしょう。手すりは手や指にフィットするものを選び、使う人が握りやすい高さに設置するようにしてください。

また、転落しやすい階段などでは両側につけるのが理想ですが、片側にしか付けられない場合は、降りるときの利き手側に設置するようにしましょう。

出入り口

足腰が弱くなっていたり、車椅子を利用している場合、出入り口は引き戸にすると良いでしょう。なお、引き戸にできない場合も、ドアの取っ手を丸いノブではなく、レバー式のほうが、開けるときの力が少なくてすむのでおすすめです。

階段・廊下

階段は、できるだけ緩やかな傾斜とし、曲がっている部分には、段差のない踊り場をとるようにします。

廊下については、幅が85cm以下だと車椅子での移動ができないため、拡幅工事を行なう必要があります。安全性を考慮すると、居室スペースを多少犠牲にしてでも、階段や廊下に配慮したいものです。

浴室・トイレ

浴室やトイレは、高齢者の部屋の近くに設置するのが理想的です。また、冬場は浴室と室内の寒暖の差が激しいと血圧が上がり、高齢者の身体には負担となってしまいますので、トイレや洗面脱衣室、浴室にはできるだけ暖房器具を取り付けるように心がけてください。

また、浴室をユニットバスでなく、現場施工とする場合には、出入り口の段差を解消して、浴槽のまたぎの高さを低めにすると、出入りを楽に行なうことが可能となります。床タイルは滑りにくい物を選び、必要な場所には手すりを設置するようにしましょう。

一方、トイレについては、横に収納スペースがあれば、それを撤去してスペースを広げておくと、車椅子でもスムーズに入ることができる上、介助が必要となった場合に対応することもできます。また、便器を片側の壁に近づけておき、手すりを設置するのも効果的なリフォームといえます。

お問い合わせはこちら