京都市山科区でリフォーム、雨漏り、水回り、新築は栢下工務店!
~住みよい住まいづくり~永く快適が続く住まいを提供します
2018-03-15

キッチンリフォームをする際の収納おすすめポイント!

キッチン収納時のポイント!

キッチンリフォーム

せっかくキッチンをリフォームしても実際に使用していたら、キッチンがごちゃごちゃに、、、なんてことになってしまったら元も子もないですよね。

ポイントをしっかりと抑えておけば綺麗で、使い勝手の良いキッチンを実現する事が可能になります!

キッチンでの作業を効率的に楽しく行う、今回はキッチン収納リフォーム術のポイントをご紹介いたします。

使うものは使う場所の近くに置く

必要な物が欲しいと思った時にすぐに手に取れると、スピーディに作業ができるので、効率的です。例えば、調理スペースのキャビネットには、キッチンばさみや計量スプーン等を、またコンロの近くにはお鍋や調味料等を収納すると良いでしょう。

食事の時に使用する調味料や器具などはダイニングテーブルの近くにしまうことをお勧めします。余計なものをキッチンに置かない様にすることもポイントの一つです。

パントリー(食品庫)のリフォーム

キッチン収納キッチンで収納するものは食器類や鍋だけではありません。レトルト食品や缶詰・買い置きの調味料等の保存食品をストックする場所が必要になってきます。そういった保存食品を収納できるパントリー(食品庫)があるとキッチンの中をすっきりと片付ける事ができます。

重要なポイントとして、パントリー(食品庫)の内部は食品類が一目で見渡せるような作りにしておくとより便利ですね。

よく使うものは取り出しやすい状態で

ボウルやザルなどは、手に取りやすく、水気も乾かせるので、扉の無いオープンな棚に置くと良いでしょう。レードルや片手鍋は壁面のパイプにつるしインテリアの一部にしてしまうという方法もあります。

豪華な扉つきの食器棚の設置のことばかりを考えるのではなく、取り出しやすさや使いやすさを考慮したリフォームを行う事が重要になります。

ゴミ箱のスペースを忘れずに

キッチンリフォームをする際に絶対に忘れてはいけないのがゴミ箱のスペースです。せっかくリフォームをして綺麗なキッチンを実現出来たのに、ゴミ箱スペースを取ることを忘れていて、ゴミ箱が邪魔に、、、なんて事になってしまったら元も子もありません。

そうならないようにしっかりとゴミ箱のスペースを取ることをリフォームの際に忘れないようにすることが重要になります。大きなゴミ箱のスペースが必要な場合は、収納の一部に組み込む等の工夫をするのも良い方法でしょう。

使いやすいキッチン収納を目指す

収納と聞くと、収納量だけに目がいってしまいがちですが、いくら収納量が多くても手が届かなかったりで使いにくければ意味がありません。使いやすい高さは腰の位置から目の高さの間と言われていますが、高い場所も低い場所も有効活用するために少し工夫をしましょう。

高い位置にあるため使いづらいと言われている「吊り戸棚」も電動昇降式にする等、一工夫することで使いやすい収納スペースに早変わりします。こうすることで多少費用はかかってしまいますが、こういった費用をかけてでも使いやすい収納を心掛けることが賢い選択であると言えます。

 

キッチンリフォームのポイント 理想のカウンターキッチンのメリットとデメリットを把握しよう

キッチンリフォームのポイントキッチンリフォームでライフスタイルを素敵に

キッチンリフォームのポイント綺麗なキッチンにしたいけどリフォームするタイミングって一体いつなの?

キッチンリフォームのポイントあなたにあったIHキッチンとガスキッチンの見極め方

キッチンリフォームのポイントキッチンリフォームで失敗しない為に必要な知識と注意点

キッチンリフォームのポイントよくある失敗キッチンの色!! キッチンの色選び7つのポイントとは

お問い合わせはこちら